MENU

ヘルニアにいい!?骨盤調整法

骨盤調整法とはいっていどういうものなのでしょうか?
興味を持っている方のために解説します。

 

骨盤のゆがみが原因のヘルニアに有効

 

「椎間板ヘルニア」の患者の多くは、腰痛の症状を訴えます。

 

大抵、外科医ではその痛みはヘルニアが原因で起こると考えられ、理学療法や薬物療法をもってしても治らない場合は、ヘルニアを切除する手術を施します。
しかし、実はヘルニアを切っても痛みが治らないというケースは意外と多いのです。

 

 

確かにヘルニア症状があるので、それを除去したところで、腰痛という症状は治るわけではないということです。
要するに、痛みの原因はヘルニアではなかったということになります。

 

ヘルニアも、通常とは違う状態になっているのですから、痛みの多少の要因としては考えられます。

 

それ以外に、もっとも痛みの原因として考えられるものとして「骨盤のゆがみ」というのをあげる考え方があります。

 

 

「自然良能会」が提唱する「腰痛は骨盤のゆがみが原因で、仙腸関節の矯正で治る」というものです。
この方法で、根本的な治療が難しいとされている椎間板ヘルニアが完治したという実例があるります。

スポンサーリンク

自然良能会とは?

 

「自然良能会」とは、東京都品川区に総本部を置き、骨盤から全身の骨格を調整していくという治療院を日本国内を中心に展開している組織です。

 

 

故・五味雅吉氏が、医学会ではまったく重要視されていなかった「仙腸関節」のずれが全身の骨格を狂わし、
様々な機能に悪影響を及ぼすと提唱したことが始まりです。

 

 

五味雅吉氏は、それまで「不動関節」として知られていた仙腸関節がすべての骨格のもとになり、循環器や内臓の機能に影響を及ぼすと考えました。

 

 

動かないと思われていた仙腸関節は、実は日頃から関節周辺を柔軟にする運動をする事によって動くようになり、
その結果、仙腸関節のずれと共に全身のゆがみを矯正し、腰痛や関節痛などが解消される、ということを発見したのです。

 

 

これを「骨盤調整法」と言います。

 

 

 

この治療法によって、手術をしても治らなかった「椎間板ヘルニア」の腰痛が完治したという実例があり、
現代医学では解決が困難な腰痛や関節痛などの痛みに、非常に効果のある治療法と考えられます。

 

 

自然良能会の総本部では、ほぼ毎月第1と第3日曜日に骨盤調整法の勉強会を開いており、
各支部の治療師同士の勉強会も月一で開いています。

 

 

整体やカイロプラクティックとはまた異なり、この方法を少しでも多くの人に知ってもらいたい、
少しでも多くの人を痛みから解放してあげたい、といった故・五味氏の強い思いを受け継いだ骨盤調整法を試してみる価値はあると思います。

 

仙骨とは?

 

椎間板ヘルニアなどによる腰痛や関節痛は、ヘルニアそのものが直接的な原因ではなく、
骨盤の中にある仙腸関節がずれたことによって体にゆがみが生じたことが原因だと考えるのが、「自然良能会」の「骨盤調整法」の考えです。

 

 

仙腸関節とは、仙骨と腸骨の間にある関節のことです。

 

 

そもそも、仙骨は、骨盤の中央に位置し、同時に身体のちょうど真ん中になっているという、とても重要な場所にあります。

 

また、仙骨は、脊椎や頭骨などの人間が二足歩行で生活するのに重要な骨を支え、腸や生殖器などを保護する役目をしています。

 

 

さらに、仙骨の仙という字が、仙人・仙薬・神仙などに使われるように、
神聖で不思議な力を表していることからも、から体の中でも神聖で不思議な力を持った重要な部分として考えられてきたことがわかります。
※昭和20年ごろまでは、「薦骨」と表記されていました。

 

これは、神に薦めるという意味とされています。

 

 

昔の人は、死んだ人を埋葬したあと最後の最後に腐敗するのが仙骨ということから、
仙骨を神秘的で重要なものとして認識していたと言われています。

 

 

ただ、この仙骨の正しい位置や診断法が非常に難しく、少し前までベールに包まれた、
触れてはならない場所として、医療の世界では考えられていたのです。

 

それを、自然良能会の開業者である五味雅吉氏がこの仙骨に着目し、
仙腸関節のずれが身体のゆがみを生むということを提唱したことで、医療の世界では施しようのなかった重い腰痛や関節痛が完治できるようになったのです。

 

仙腸関節とは?

 

自然良能会が提唱する「骨盤治療法」とは、骨盤の中でも特に「仙腸関節」を重視しています。

 

 

仙腸関節とは一体どの部分をさすのでしょうか?

 

 

 

名前の通り、仙骨(骨盤の中央にある三角の骨で、
背骨の付け根、尾骨の上部に位置)と腸骨(腸を囲む骨)をつなぐ関節をさします。

 

 

仙骨と腸骨は軟骨で包まれていて、その間には滑液を含んだ小さな関節腔(かんせつこう)があります。

 

また周囲はたくさんの強いじん帯に囲まれていて、仙腸関節自体が動くということはほとんどないと言われています。(不動関節)

 

 

しかし加齢が進むと、関節腔が部分的に消失するなどして、仙腸関節にゆがみができます。
自然良能会は、腰痛や関節痛の原因がまさにこの仙腸関節のゆがみだとして、そのゆがみを治す骨盤治療法を薦めています。

 

骨盤調整法のやり方

 

1:坐骨の押し上げ

 

骨盤調整法の中で最初に行われるのが、「坐骨の押し上げ操作」です。
坐骨とは、座った体勢で手をお尻の下に入れたときにあたる骨です。

 

ここを押し上げることによって、骨盤や足の緊張をほぐします。

 

まずこの操作をおこなって、下半身を緩め、リラックスさせることから治療を始めます。

 

 

  1. 患者の左足首を軽く持ち上げます。
  2. 治療師が右足裏の土踏まずの中央で、患者の左坐骨を押します。

※坐骨を頭の方へ押し上げる感じで。

 

これを左右おこないます。
これだけでも、腰椎椎間板ヘルニアの慢性的な腰痛症状が軽くなる場合もあります。

 

骨盤硬直の押し広げ

 

骨盤調整法の予備的操作の1つとして「骨盤硬直の押し広げ操作」があります。

 

これは、骨盤全体をゆるめ、骨盤周辺や足のじん帯・筋肉・神経や血行などを活発化します。

 

 

  1. 患者の左坐骨の内側に治療師が右足の土踏まずをあてます。
  2. 息を吐くようにぐーっと加圧します。

 

 

これを左右おこないます。
これだけでも、腰椎椎間板ヘルニアの慢性的な腰痛症状が軽くなる場合もあります。

 

仙腸関節調整操作

 

自然良能会の「骨盤調整法」では、腰椎椎間板ヘルニアの腰痛など、なかなか完治しにくい痛みが仙腸関節のずれが原因と考えられています。

 

 

「仙腸関節調整操作」は、骨盤調整法の中でももっとも重要でまた技術を要する技です。

 

  1. 治療師のかかとを患者の仙腸関節の1cmほど下に乗せます。
  2. 瞬発的に、円をかくように、斜め下から外側に向かって加圧します。

 

 ※足だけの力ではなく、膝は曲げ、かかとに全体重をかける要領で。

 

場所や力の入れ方を間違うと、逆に仙腸関節のずれを大きくする可能性があるので、
安易に素人同士で行うことは避けてください。

 

初心者は、予備的操作の「坐骨の押し上げ」や「骨盤硬直の押し広げ」を行うだけでも、ある程度の効果は期待できます。

 

 

仙腸関節調整操作は、自然良能会の治療師に施してもらうか、
自然良能会が開催している勉強会で学んでから行うほうがよいでしょう。

 

 

股関節・膝関節の調整操作

 

骨盤調整法のもっとも重要なポイントである「仙腸関節の調整」の効果をより高める方法として、「股関節、膝関節の調整操作」があります。

 

 

  1. 患者を仰向けに寝かせて、片方の膝を立たせます。
  2. 立たせた膝に治療師がまたがり、両手で膝頭を押さえます。
  3. 腕の力ではなく、全体重をかけるようにして膝に力を加えます。
  4. 膝をまっすぐに戻し、ふくらはぎにも同様に力を加えます。
  5. 足首にも同様に加圧します。

 

 

いずれも、加圧する時は瞬発的に力を加えるのががポイントです。

 

中足関節・足関節の調整操作

 

二足歩行する人間は、4本足で行動する動物よりも、足にかかる負担は大きくなっています。
腰痛は「二足歩行が生んだ宿命的な病気」とも言われていて、足の負担も腰痛に大きく関わっているといえます。

 

 

また、「老化は足から」といった言葉にもあるように、足は第二の心臓とも言われていて、非常に重要な部分になっています。

 

 

骨盤調整法の「中足関節・足関節の調整操作」は、そうした重要な足部関節のゆがみや凝りを調整し、
椎間板ヘルニアなどの辛い腰痛症状を軽くすることができます。

 

中足関節とは、足の指とかかとの真ん中あたりにある中足骨にある関節で、足関節とは、足首の関節をいいます。

 

 

  1. 患者を仰向けに寝かせます。
  2. 治療者が両手で患者の片足の両くるぶしを押さえます。
  3. くるぶしをおさえながら、膝を立たせぐっと加圧します。(足関節の調整)
  4. 患者の片足の外側を治療者が片手で包み、もう一方の手で指の方を包み、同時に加圧します。(中足関節の調整)、

 

腰椎を正す操作

 

骨盤調整法の中で、唯一治療師二人がかりでおこなうものが、「腰椎を正す操作」です。

 

  1. 患者を横向きにさせ、手を胸前で合わせさせる。
  2. 上側の腕を治療師Aが持ち、両足をかけて背中側に固定する。
  3. 治療師Bが腰下と腰上に手を当て、治療師Aの力方とは逆に加圧する。

 

腰椎椎間板ヘルニアで、手術でも直らなかった腰痛がこの調整法を受けて嘘のように痛みがひいたという実例もあるくらい、よく効く調整法となっています。

 

腕関節の調整操作

 

  1. 患者を仰向けに寝かせます
  2. 患者の左上腕を治療師が左手で下側からささえます。
  3. 治療師が右手で患者の手首を持って上下にゆすります。
  4. ゆすった手首を、反るように瞬発的にひっぱります。

 

これを右側もおこないます。
また、腕全体を大きくあげさせて、腕の付け根部分のこりをほぐす操作もあります。

 

肩甲骨をひらく操作

 

  1. 患者を横向きに寝かします。
  2. 上側の肩甲骨の内側に、治療師が指をいれ、めりこむように持ち上げます。

 

これを逆向きでも行います。

 

肩甲骨が背中に癒着すると、上体が重苦しくなったり、だるくなったり、呼吸に障害が出たりします。

 

当然、肩甲骨の下にある腰椎にも影響を及ぼし、腰痛症状を悪化さえる要因となります。
この「肩甲骨をひらく操作」は、仙腸関節のずれによって生じた身体のゆがみが原因で、背中に肩甲骨が癒着してしまった状態を治す方法です。

 

 

胸鎖関節の調整操作

 

「自然良能会」の提唱する「骨盤調整法」では、もっとも重要だといわれている「仙腸関節」についで、「胸鎖関節」も重要なポイントとされています。

 

 

胸鎖関節とは、鎖骨の胸骨端と胸骨の鎖骨切痕との間の関節のことです。

 

 

患者の胸鎖関節に治療師が手のひらの凹んだ部分を当てて加圧するのが、「胸鎖関節の調整操作」です。
この操作で、腰痛以外の症状、頭痛や肩こり、胸の圧迫感などが解消されます。

 

 

骨盤調整法は、全体重を使って加圧する方法がほとんどですが、
この胸鎖関節はとても細長く薄い関節なので、あまり力任せに加圧するのは避けたほうが良いでしょう。

 

 

胸椎を正す操作

 

  1. 患者を正座させ、頭の後ろで両手を合わさせます。
  2. 治療師は患者の脇の下から両手を入れて羽交い絞めの形をとります。
  3. 治療師は患者の背中に胸をくっつけます。
  4. 患者は少し脇を絞め、胸を前に突き出すようにして、胸椎を調整します。

 

この「胸椎を正す操作」は、治療師が無理に脇を上に持ち上げるのではなく、あくまでも患者の動きを主体とします。

 

頚椎を正す操作

 

椎間板ヘルニアは、腰部の症状だけではなく、首の椎間板ヘルニアもあります。
それを「頚椎椎間板ヘルニア」と言います。

 

 

「骨盤調整法」では、腰椎椎間板ヘルニアの腰痛を解消する方法だけではなく、
この首の痛みや肩のこりといた頚椎の症状も「頚椎を正す操作」で解消します。

 

 

  1. 患者を座らせます。
  2. 治療師は患者の右斜め後ろに座り、左手の掌(手の付け根部分)を患者の下あごに当てます。
  3. 同じように右手の掌を反対側におきます。
  4. 患者に肩の力を抜かせ、何度か首を捻転させます。
  5. 最後に、ぐっと片方に加圧します。

 

 

素人がすると、首を捻挫したりしかねないので、自然良能会の治療師にやってもらったほうが良いでしょう。

バラコンバンドとは?

 

「骨盤調整法」は、誰でもできる療法ではありません。
自然良能会において定期的にその勉強会が開かれているように、骨盤調整法を行うにはきちんとした知識と技術が必要なのです。

 

骨盤調整法の治療を行っている自然良能会の治療院(全国に展開)が近所になかったり、
あっても通う時間がなかったり、骨盤調整法を自分でやるための勉強をする時間がなかったりする人は、
治る可能性のある腰椎椎間板ヘルニアの腰痛といつまでも付き合っていかなければなりません。

 

 

そこで、考案されたのが、「バラコンバンド」です。

 

 

 

バラコンバンドは「バランス・コントロール・バンド」の略称で、
骨盤調整法に近い効果を身体に与える自宅用療法アイテムです。

 

 

このバラコンバンドは、完全に自己療法用として考案されたため、
子供でもお年寄りでも簡単に使用することができます。

 

バラコンバンドを使用することで、手術しても治らない腰痛を治す「骨盤調整法」に限りなく近い効果をあげることができます。

 

バラコンバンドの素材

 

「骨盤調整法」の自己療法用として考案された「バラコンバンド」。

 

これを身体に巻くだけで、腰痛が解消したり冷えが解消したりといった効果があらわれます。
なぜ、バラコンバンドが身体にいいのでしょうか?

 

それは、バラコンバンドの素材にあります。

 

 

バラコンバンドはゴムでできています。
ゴムの弾力性・伸縮性が身体によい効果をもたらしているのです。

 

効果
  • 身体に巻きつけたゴムが伸縮する事で、ポンプのような役割になり、血液循環を活性化させる
  • ゴムが伸縮することで、体の深部にまで力が行き渡り、指圧と同じような効果が出る
  • ゴムの弾力が、筋肉の代用をするため、ダイエット効果もある

 

といったことが挙げられます。
ですから、布や紐などを巻きつけるのでは効果はありません。

 

ゴム製のバラコンバンドだからこそ効果があるのです。

 

バラコンバンドの巻き方

 

「骨盤調整法」の自己療法用に考案されたのが「バラコンバンド」というゴム状のバンドです。

 

これを身体に巻きつけ運動する事で、骨盤のゆがみを正す事ができます。

 

 

基本的な巻き方
  • 骨盤からこぶし1つ分下に巻きます。痛みを感じない程度に、でもしっかりと巻きます。
  • 腰に手を当ててゆっくりと腰を回転させます。
  • 左右10回ずつを数セット行います。

 

痛みがひどい場合は無理をせず、できる範囲の回数をこなすようにしましょう。
ポイントは、「ゆっくり回す」です。

 

他にも、下半身の血行を良くするために足にグルグル巻く「ゲートル巻き」や、
足先の冷えを解消するためにかかとから足の指にかけて巻く「サンダル巻き」などがあります。

 

スポンサーリンク

関連ページ

頚椎椎間板ヘルニアについて
頚椎椎間板ヘルニアについて情報をまとめました。
腰椎椎間板ヘルニアについて
腰椎椎間板ヘルニアについてのまとめ記事。
椎間板ヘルニアのレーザー治療について
椎間板ヘルニアでレーザー治療を選択すると、どのようなメリットや効果、副作用があるのでしょうか。まとめて解説します。
椎間板ヘルニアの雑学まとめ
椎間板ヘルニアの雑が気情報をまとめました。