MENU

こども鼠径ヘルニアの原因

 

子供の「鼠径ヘルニア」は、先天的な病気です。

 

男の子の場合、母親の胎内にいるときに、お腹の中に作られた精巣が睾丸まで移動します。
その際に腹膜も一緒に「内鼠径輪」をこえて「鼠径管」内や時には睾丸内まで降りてきます。

 

 

通常だとその降りてきた腹膜は正常に閉じて跡も残りません。

 

 

しかし、先天的な要因によって、その腹膜が閉じずにそのまま残ってしまう事があります。

 

そしてその残された袋状の腹膜がヘルニア嚢となって、腹腔内の臓器が脱出してしまうのが、子供の「鼠径ヘルニア」です。
ヘルニア嚢が残っても、腹腔内の臓器が脱出しない限り、鼠径ヘルニアとは呼びません。

 

 

一説によると、1歳未満の子供の約半数がこのヘルニア嚢を持っているといわれていますが、
その全員が鼠径ヘルニアになっているわけではありません。

 

 

女の子は精巣はありませんが、でも何らかの原因で腹膜がヘルニア嚢となって、そこから臓器が脱出してしまい、鼠径ヘルニアになります。
なぜ、この腹膜が閉じる子と閉じない子がいるのか、その原因はわかっていません。

スポンサーリンク

こどもの鼠径ヘルニアは自然に治る?

 

成人の「鼠径ヘルニア」は、100パーセント自然に治るという事はありません。
しかし、こどもの鼠径ヘルニアの場合、時々自然に治ることがあります。

 

母親の胎内でできた「ヘルニア嚢」(ヘルニアを包む腹膜)が、生まれてくるまでに自然に元に戻るように、
赤ちゃんの段階では、元に戻ろうとする本能的な力が働くのかもしれません。

 

しかし、自然に治らないケースもあり、その違いについては未だに解明されていません。

こども鼠径ヘルニアの患者数

 

こどもの鼠径ヘルニアは、成人のものよりももっとポピュラーな病気です。
生まれたばかりの赤ちゃんの、20人に1人は鼠径ヘルニアを持っているという統計があります。

 

1日に5人生まれる産院では、4日間で1人患者がいるということです。

 

 

また、本来なら母親のお腹の中で元に戻るはずの「ヘルニア嚢」はもっと多く、1歳未満の赤ちゃんの半数が持っていると言われています。

 

このヘルニア嚢の中に、腹腔内の臓器が脱出して、鼠径ヘルニアとなるのです。
成人の鼠径ヘルニアとは違って、男女の発症差はあまりなく、男6:女4くらいで若干男の子に多くなっています。

 

こども鼠径ヘルニアの水瘤

 

こどもの「鼠径ヘルニア」に多く見られるのが、「水瘤(すいりゅう)」です。
これは、成人にはあまり見られず、1歳までにはほとんどが自然治癒する症状です。

 

 

水瘤とは、ヘルニア孔である内鼠径輪の口が狭く腸が出られない場合などに、脱出したヘルニア嚢の中に淡い黄色の液体だけがたまるものです。
痛みも伴わないので、特に急いで手術する必要もありません。

 

ただし、1歳を過ぎてもまだ残っているようなら、嚢内にたまった水をぬいたり通常の鼠径ヘルニアに対する手術を行います。

 

こども鼠径ヘルニアのかんとん

 

こどもの「鼠径ヘルニア」はポピュラーな病気ですが、注意しなければならないことは「かんとん症状」です。

 

 

かんとんとは、脱出したヘルニアが元に戻らなくなってしまう症状で、こどもの鼠径ヘルニアの1割強が発症しています。
かんとんが起こると我慢できないほどの強い痛みを伴うことが多く、できるだけ早い手術が望まれます。

 

 

放っておくと、脱出したヘルニア内容(ほとんどが小腸)が壊死したり、静脈が圧迫されたり、重篤な状態になる危険があります。

 

こども鼠径ヘルニアの手術

 

こどもの「鼠径ヘルニア」は、自然に治る場合もあるとされています。
しかし、やはり症状によっては手術を要します。

 

こどもの鼠径ヘルニアの手術は至って簡単で、内鼠径輪から脱出したヘルニアを「ヘルニア嚢(腹膜が伸びてヘルニアを包んでいるもの)」ごと切除するという方法です。

 

このような簡単な手術でも、赤ちゃんには全身麻酔がかけられるので、負担がかかるのは必須です。

 

こども鼠径ヘルニア日帰り手術の流れ

 

 どもの「鼠径ヘルニア」の手術は、外科的手術(担当自体は小児科が多い)の中でも比較的簡単で短い時間でおこなわれます。
したがって、「日帰り入院」が可能となります。

 

 

日帰り入院をする際の一日の流れ

 

AM 8:00まで  食事をすませる※以後は絶食
AM10:00ごろ  来院
AM10:30    体温測定・問診(既往症や合併症の有無や当日の症状について)
           体重測定・胸部エックス線撮影
           診察後、鼠径部の患部側(左右どちらか)にしるしをつける
PM 1:00    手術開始

 

PM 2:00    回復室で経過観察
PM 3:30    麻酔の確認・飲水テスト(吐き気の有無を確認)
           診察
PM 4:00    退院

 

退院の際は、患者がこどもなので、退院後の注意事項を親に指導をします。
ガーゼのはがし方や、抗生物質の飲ませ方、注意すべき症状などを詳しく伝えます。

 

また、成人の場合は病院からそのまま会社に直帰する場合もありますが、こどもの場合は翌日丸一日休ませ、翌々日から登園ないし登校させるようにしましょう。

 

手術後の退院指導

 

わが子が「鼠径ヘルニア」にかかった場合、病状に関する説明や手術の同意、術後の退院指導などは、両親に対して行われます。

 

主な術後の指導

  • 術後痛みを伴う場合がほとんどですが、手術終了時に一度鎮痛解熱剤の坐薬を使用しているため、退院後6時間あけないと鎮痛坐薬をしようしてはならない。
  • 水分摂取した際に吐き気や嘔吐がなければ食事をさせても構わない。ただし、消化のよい食事にし、脂っこいものなどは避ける。
  • 創部にはったガーゼの剥がし方。
  • 入浴の許可・・・ガーゼを除去した翌日から。
  • 術後2週間は激しい運動を避けさせる。
  • 患者が乳幼児の場合は、おんぶ紐抱っこ紐の使用を2週間避ける。
  • 抗生剤内服薬の与え方について。
  • 症状が急変したときの対処法。連絡法。

 

これらを、両親がきちんと把握し、患者であるこどもが術後問題なく日常生活に復帰できるよう監護が必要です。

医療ミス

 

こどもの「鼠径ヘルニア」の手術で、2006年2月に起きた重大なミスが報告されています。
以下讀賣新聞からの引用です。

 

 

「大阪府枚方市の星ケ丘厚生年金病院で昨年2月、ヘルニア手術を受けた1歳の乳児が、誤ってぼうこうの大半を切除されていたことが、わかった。
当時、小児外科の専門医がおらず、同病院は「小児手術の経験が少ない執刀医による初歩的ミス」と認め、両親に謝罪した。

 

28日会見した吉矢生人院長(67)らによると、ミスがあったのは、腸の一部などが足の付け根部分で皮膚の下に出てくるヘルニアの手術。
主治医の男性外科医(30)が、腸を覆っている腹膜を取り出そうとして、誤ってぼうこうを取り出し、そのまま4分の3を切除した。

 

別の男性外科医(38)が指導役として立ち会っていたが、気付かなかったという。

 

手術後、家族から「尿が出ない」との訴えがあり、翌朝、検査し、ミスが判明した。
乳児は他の病院で、新たに切り取った大腸をぼうこうや尿管と結合して代用する手術を受けたが、思うように排尿できなくなる恐れがあるという。

 

同病院は、経営母体の社団法人「全国社会保険協会連合会」にミスを報告するとともに、外科医2人の執刀を約2か月間停止し、戒告処分とした。

 

また、昨年8月、小児外科の専門医(非常勤)を雇用した。
同病院は、公表が遅れたことについて「当初から公表を検討していたが、これまで家族の了解が得られなかった」としている。
吉矢院長は「再発防止に努めるとともに、補償については誠意を持って対応したい」と話した。」

 

 

これは、本当に災難としか言いようがありません。
どんなにミスの原因がわかって病院が謝罪しようと、切り取った膀胱は元には戻らないのです。

 

けれども、日本の医療が優秀であるというのも事実です。

 

やはり、病気はきちんと受診すれば治るというのが基本です。

 

 

信頼できる医者を選ぶというのが、患者側にできる精一杯の「医療ミス防御」です。
自分が今健康であっても、近所の病院の評判や、特定の病気に対して評判のいい病院の情報など、日頃から収集しておくことが大切です。

合併症「不妊」

 

こどもの「鼠径ヘルニア」では、将来「不妊」になる危険性があるという話があります。

 

特に、こどもの鼠径ヘルニアの手術を小児科医ではなく外科医が担当した場合に問題があるようです。

 

 

こどもの体の中を熟知していない外科医が担当すると、その小さなお腹の中にひしめき合っている様々な重要な器官の知識が不足しているため、思わぬ処置をとる場合があります。

 

例としては、手術でヘルニア嚢を切除する際に、「精管」や「精巣血管」を傷つけてしまったという報告があります。
また、左右の精管を結んでしまったといった例もあるようです。

 

 

やはり、こどもの病気はこどもの身体を熟知している小児科医に診てもらうのが一番良いと思われます。
こどもの将来がかかっているのですから、病院選びは慎重に行いたいものです。

スポンサーリンク

関連ページ

鼠径ヘルニアの手術について
鼠径ヘルニアの手術のポイントと術式に関する特徴をまとめました。
鼠径ヘルニア手術の危険性と注意点
鼠径ヘルニアの手術における危険性と注意点をまとめました。